日本はアジア14カ国で一番「学んでいない国」

日本はアジア14カ国で一番「学んでいない国」 雑記

HAFFPOSTの記事を読んで

日本はアジア14カ国で一番「学んでいない国」。教育環境を改善するために何ができる?
「学歴ではなく学習歴が重要視される社会に」ーーベネッセホールディングス・安達社長

「ショッキングなレポートがあります」と安達社長が前置きして示したのは、次のようなデータだ。

日本の大人は、アジア14カ国の中でもっとも「学んでいない」。学習や自己研鑽の活動を比較したチャートで、日本人は全てで劣っているという。業務時間外に学習をしているかどうかでは、「何もしていない」と答えた人の割合が他国と比較して圧倒的に多かった。

元になっているのは、パーソル総合研究所のデータのようだ

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せず - パーソル総合研究所
パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに 国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せず 日本で働く人で管理職志向があるのは21.4%にとどまり、14の国・地域で最下位ダイバーシティ受容度も最低。日本は女性上司や外国人と働く抵抗感が最も高い 総合人...

分析コメント
日本だけ「一人負け」といってよい特異な数字が出た調査結果となった。その理由を説明するに当たり、日本型雇用が直面している「機能不全」と切り離すことは極めて難しい。

最初のHAFFPOSTの記事を読んで「大人の学習」について
なにか書こうと思ったけど
パーソル総合研究所の その他のデータを見ていたら
本当に、ゾッとするようなデータだった

「学ぶ」「学ばない」という問題以前に
生き方として、どうなの?」と思ってしまった

僕自身は
やりたい事をやりたくて」「独立して」「日々 自己研鑽をしている
という、この統計上では、とても希少な存在のようだ

上にも書いたけど
「学ぶ」「学ばない」よりも、問題だと感じたのは
今の会社に対する満足度が高くない」にも関わらす
環境を変えようとしていない
それなのに、「自分の身を守りたい」と思っている

と、データが示していることだ

もちろん、統計なので
誰か特定の人が、上の状態と言うわけではないけど
それでも、総体としては、そういう状態の人が多い
と、言うことだ

「現状に満足していない」
「自分のみを守りたい」
と思うのなら、
「環境を変える努力」をしてほしいと思う

努力したからといって、必ず結果が付いてくるわけではないけど
データを見る限り、努力すらしていない人が多すぎる

「自分の身を守る」のは、自分だ

自分を守れる自分になって欲しい

そういう事を、子ども達には伝えていきたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました